Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -
ストレッチの注意点

ストレッチの注意点

ストレッチ注意点としては、必要以上に筋肉を伸ばしすぎないことだろうね。プロレスの腕ひしぎ逆十字と同じように、伸ばしすぎれば筋を痛めることになっちゃう。

ストレッチを二人でやる時には特に注意が必要で、相手がある事なので力の掛けすぎには要注意。痛いところから先までやっては意味がないよね。

昔はストレッチといわずに柔軟体操や準備体操といって、スポーツの前には反動をつけて筋肉を伸ばす運動が盛んだった。

最近はストレッチと呼ぶようになって、静的な反動をつけない方法が増えたでしょ。あれなら筋を伸ばしすぎないから安全なんだろうね。

とはいってもストレッチをやると、気持ちのいいところでやめないで、ついつい痛くなるところまで伸ばしがちだけど、要注意だよ。

骨盤ストレッチとか余計なハミ肉対策のストレッチがあるけど、あくまでも許容量を守って行う必要があるよね。

ストレッチは呼吸法と併用することで、手軽な有酸素運動にもなるけど、ちゃんとできる範囲でやること。むりすると危険だから、痛みを感じたらそれ以上は伸ばさないように注意が必要だよ。

普段運動不足の人ならば、まずは静的なストレッチから始めてみるといいと思うな。いきなり激しくカラダを動かすようなものはやめるべき。

エアロビのように動き回って、反動をつけて行うストレッチは逆にカラダを傷めてしまうので、諸品者は要注意だよ。

何事も無理しないで、すこしずつ許容量を増やすことがコツだからね。ストレッチも同じで、気持ちよく感じるところまで筋を伸ばして終了すること。

最初からまだいけるんじゃないかなんて思うと、思わぬ結果を招くのでストレッチを行うときには、充分注意して取り組んで行きたいものだよね。

ストレッチを行う際の注意点、それは無理をしないこと。コレにつきそうだね。

10:26 | スポーツ

|
Search
RSSに追加

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加


Entry
Archives
Category
プライバシーポリシー

プライバシーポリシー



Sponsored Links Feed Others 無料ブログ作成サービス JUGEM Mobile qrcode